☆★【【写真+((驚))動画あり】】:「蚊に刺されない方法を13通りを試すと」 「刺されやすい血液型」「かゆみ止める方法は?」蚊に関するオモシロ動画など・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!


by amor1028

★【黄熱病の蚊写真+((驚))3動画あり】:蚊 対策のまとめ

【【黄熱病蚊のマイクロ写真+((驚))動画あり】】:「蚊に刺されない方法を13通りを試してみたら」 「蚊に刺されやすい血液型」「薬を使わずかゆみ止める方法は?」蚊に関するオモシロ動画など・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:蚊 wiki, 蚊 対策, 蚊 ハーブ, 蚊 かゆみ, 蚊 駆除


c0075492_235869.gif



a0028694_6221221.jpg
(黄熱病の蚊)

蚊に刺されない方法
13通りを試してみたら 

2011.7.29
nikei

の季節がやってきた。楽しいバーベキューや木陰での昼寝に水を差し、いつの間にか家にも忍び込んでくる小さな大敵だ。記者(36)が家族で公園に遊びに行くと、いつも4歳と2歳の娘ばかりが蚊に刺される。「お父さんより私の血の方がおいしいから?」と聞かれて困った。どんな人が蚊に刺されやすいのか。「体を張って探ってみよう」と実験に乗り出した。

まずは1人で蚊が多そうな近所の公園に半袖短パン姿で行った。猛襲を覚悟したが2、3匹がフラフラと寄ってくるだけ。拍子抜けだ。子どもは新陳代謝が活発で体温が高いから刺されやすいのだろう。自分の体温を測ると早朝とはいえ35.5度。かなり低い。そこで、少し走って汗をかき、体を温めてから再びトライした。すると10匹ほどがまとわりついてきた。

「よし。体温を上げた状態でベンチに座り、蚊にくわれにくい条件を試してみよう」。30分間に寄ってくる蚊の数で比較することにした。

汗をよくかく下の娘をみて、注目したのが汗だ。「こまめに拭けば集まらないのでは?」。露出している腕と脚をおしぼりで拭うと寄ってくる蚊が多少は減る。でも汗がにじんでくると増える。結局、この繰り返しで46匹の着地を許した。次に汗を抑えようと肌が白くなるほどベビーパウダーをふってみたが、40匹とそれほど効果はない。

「それなら風で強制排除しよう」。体重2~3ミリグラムしかない蚊は強い風にあらがって飛べない。うちわで30分あおぎ続けてみた。結果は47匹とワースト記録。風が当たる部分には近寄れなくても別の場所に回り込み、ひっきりなしに肌に止まる。隙をなくそうとうちわを左右で持ち替えてあおいでもダメだった。効果がない割に忙しく、読もうと持っていった雑誌は1ページも進まなかった。

疲れてふと横を見ると、背負ってきたリュックサックに蚊が3匹止まっている。汗のにおいと黒い色に引かれたのかもしれない。「これだ」。次の日、黒いシャツとリュックにたっぷり汗を含ませ、ベンチの端に“おとり”として置き、自分は白いシャツに着替えた。ゆったり過ごし蚊を数えるとシンプルな方法が意外に効いて23匹と上首尾だ。



a0028694_9205259.gif汗・皮脂・飲酒と黒い服は禁物

他に蚊の好き嫌いはないものか。害虫防除技術研究所(千葉県八千代市)の白井良和所長に尋ねると「蚊は高い体温、汗に含まれる乳酸と水分、二酸化炭素(CO2)、皮脂を目がけて寄っていく」。つまり、体温が高くて汗かきの人が好みのタイプだ。またビールを飲んだ時によく刺されるのは、吐く息にCO2が増えて格好の標的になるから。濃い色が好きで、腕より足に引かれる傾向があるという。

「じゃあビールを飲まずに平皿に入れて置いてみれば放出されるCO2に引き寄せられるのでは」

ところがこの思惑に、ハエは寄ってきても蚊は興味を示さず34匹。「蚊はなかなかだまされませんよ」と白井所長はいう。汗が好きといっても、汗が流れている最中は肌が滑りやすいため着地を避けるほど。子どもだましは通用しない。

市販の虫よけ剤は当然のように効果抜群だった。ディートなどの化学物質を主成分とする虫よけ剤は30分でたったの2匹。クモの子を散らすように蚊が離れていった。ただし、健康への影響を配慮して子どもへの使用回数を制限する商品もある。身近なものを使って、何とかこの効果に迫れないか。

「ドラキュラが嫌うニンニク臭ならどうか?」。実験前日の昼にガーリック味のボンゴレスパゲティ、夜はギョーザ2人前を食べ、さらに翌朝ニンニクの断片を肌に塗って公園に繰り出した。妻が「くさい」と顔を背けるほどの臭気だったが、蚊は全く意に介さず、次々と寄ってくる。血行が良くなり、体温が上がったのかもしれない。

次は害虫対策に使われる木酢液を試してみた。説明書には「臭いを嫌がって犬や猫、虫が近寄らなくなる」とある。希釈したものを周囲にまいたが、今回も群がってくる勢いは衰えない。即効性はないのか、独特の臭いがむなしく残った。

柑橘(かんきつ)類の皮に含まれる成分に蚊を寄せ付けないものがあるという。ネットで調べた情報を基にレモンの皮の汁を搾って肌にこすりつけた。おっ、確かに寄ってこない。ただ、時間がたって汗をかくと蚊が集まりだし、結局27匹だ。レモン果汁の場合は33匹と効果はさらに小さく、ベトベト感も気になった。



a0028694_9205259.gif噴霧1回では効果乏しく 

アロマオイルなら、人体への害が少なく、虫よけ効果がないだろうか?」。精油専門店で相談すると「ありますよ。シトロネラ、ゼラニウム、ラベンダー、ミントなどが良さそう」という。爽やかな芳香に包まれて“防蚊”対策もできるのなら素晴らしい。精油とエタノール、精製水を混ぜてスプレーを作った。

ところが、いずれのスプレーも1回吹き付けただけでは20匹以上と予想外に多かった。レモンの皮と同じで、最初は効果があってもやがて汗の方が優勢になり蚊を引き寄せてしまう。精油専門店によると「効果が持続するのは2時間程度が目安」とのことだったが、わき出る汗には勝てない。

そこで爽快系のアロマ、シトロネラを30分間に4回と噴霧の頻度を上げてみた。一吹きごとに香りが広がる。水分が蒸発するときの気化熱で肌の表面が涼しい。結果は8匹と及第点。精油は数種類を混ぜると香りが柔らかくなるらしい。ゴキブリなど別の害虫よけのスプレーも作れるとか。汗を流しながら、たどり着いた切り札はアロマ。柄にもなく熱中しそうだ。







a0028694_6123747.jpg

蚊にさされやすい人 
gaityu

マスコミや紹介いただいたHP経由、検索エンジン経由で多く見ていただいているようでありがとうございます。下記のように、刺されやすさの要因にはいくつかあって、その「総合得点の高さ」のようなものが「刺されやすさ」です。

従って、個々の要因で当てはまっても、他に当てはまらない要因があれば、一概に刺されやすいと言えないのも事実です。しかしながら、刺されやすさを明確にするためには、一つ一つの要因について調べる必要があります。そこで、いくつかの要因について、試験の結果をまとめたものが下記です。


a0028694_9205259.gif蚊に刺されやすい血液型とは?

被験者64名の前腕を用いた試験では、O型が刺されやすく、刺されやすい順にO>B>AB>A型の順でした。

でも、人の蚊に刺されやすさには様々な要因がありますので、O型だからといって必ず刺されやすいわけでもなく、A型だからといって刺されにくいわけではありません。この結果は、「蚊に刺されやすいタイプの中にO型の人が多い傾向があった」程度に考えていただきたく思います。

実際には、血液型と蚊に刺されやすさの根拠は証明されておりません。

ご興味のある方は詳しい解説を見てください。→詳しい解説は下記記事を↓

Wikipediaの「カ」に記載の「蚊に刺されやすい人、刺されにくい人」で「富山医科薬科大学(現、富山大学)で研究が行われ、論文が公表された。(発表論文(PUBMED)」というのは、当研究所所長の白井らの研究です。

しかし、「その論文によると、B型が刺されやすいが、AB型は刺されにくいという報告があり、血液型に由来する物質が体表に分泌されているために差が出るのではないかという説が提唱されている。」というのは誤りで、結果は、O>B>AB>Aであって、OとAの間にのみ有意差があり、血液型に由来する物質による差を提唱したのは、1976年のWoodらの報告です。白井らは、これをヒトスジシマカにて追試したわけですが、因果関係はありませんでした。


a0028694_9205259.gif酒を飲むと蚊に刺されやすい?

飲酒後、前腕のみの試験でも刺されやすくなる実験結果が出ました。この原因を完全に裏付けるには、さらに実験が必要です(博士論文中に詳しく解説)。


a0028694_9205259.gif汗をかくと蚊に刺されやすい?

「汗をかく」と一口に言いましても、「冷や汗(精神性発汗)」や「暑くて汗が出る(温熱性発汗)」などいろんな状況があります。乾燥した肌から、汗が出て湿った状態になれば刺されやすくなりますが、汗をかきすぎると逆に刺されにくくなる報告があります。(博士論文中に詳しく解説)


a0028694_9205259.gif太っている人は蚊に刺されやすい?

太っている人は体表面積や、体積も大きいため、誘引されやすい可能性があります。(博士論文中に詳しく解説)


a0028694_9205259.gif身体のどの場所が蚊に刺されやすい?

足が刺されやすく、他の研究者の報告も同様の傾向を示しています。(博士論文中に詳しく解説)


a0028694_9205259.gif男と女、どちらが蚊に刺されやすい?

白井による被験者64名の前腕を用いた試験では統計的な差はみられませんでした。男の方が刺されやすい傾向はみられ、刺されにくかった被験者には女性が多い傾向もありました。(博士論文中に詳しく解説)







a0028694_6205118.jpg
ABO式血液型
分泌・非分泌型と
蚊の嗜好性について 

gaityu
 
Wood et al.(1972)(当時、イギリスの研究者)は吸血したガンビアハマダラカ(マラリアを媒介する蚊)の腸内の血液を調べたところ、O>B>AB>Aの順であり、ABO式血液型の被験者を好んだと述べており、白井の試験結果は、ヒトスジシマカ(日本で昼間に刺す最も普通の蚊)を用いて、前腕にとまった蚊を調査する方法で同様の結果(O>B>AB>A)を得ており、O型がA型より有意に刺されやすかった。

Wood(1976)(1976年当時、アメリカの研究者)は、ネッタイシマカ(日本にはいない。東南アジアでデング熱を媒介する蚊)を用いた実験で、Oの分泌型は、O非分泌型よりも刺されやすく、A非分泌型はA分泌型より刺されやすいという報告を行った。一方、これに対して、Thorntonら(1976)は、Wood et al.と同じガンビアハマダラカを用いて、腕にとまる蚊の数で血液型による刺されやすさの違いを検討したところ、

「血液型による差は全くなく、分泌型、非分泌型も刺されやすさには、何らの影響も及ぼさなかった。また、Wood(1976)の結果は統計的に誤っている。」とした。そこで、白井は、Oの分泌型が皮膚上に分泌している物質、Aの分泌型が皮膚上に分泌している物質を、皮膚上に塗布して以下に述べるように試験を行った。


人には、血液型物質が、汗やだ液、精液などに分泌している「分泌型」と分泌していない「非分泌型」があって、その割合は、岸ら(1990)では、非分泌型が全体の24%、山本(1986)では、20%である。白井が59名の被験者の唾液を調査した結果では、11.9%(59名中非分泌型7名)であった。Oの非分泌型は4名であって、このうち2名は、全被験者64名中、刺されやすさでは62番目と63番目であり、非常に刺されにくかったが、そのうちの1名は2番目に刺されやすかった。2番目に刺されやすかった被験者は男性で、腕も大きいという別の蚊誘引要因があったが、この結果からだけでは、Oの非分泌型が刺されにくいとは判断できなかった。


O型の血液型物質とはH抗原Fucα1-2Gal (Blood Group H Disaccharide)であり、A型の血液型物質とはA抗原GalNAcα1-3(Fucα1-2)Gal (Blood Group A Trisaccharide)であり、B型の血液型物質とはB抗原Galα1-3(Fucα1-2)Gal(Blood Group B Trisaccharide)であって、これらは糖鎖である。分泌型の皮膚上におけるABO式血液型の違いは、これらの糖鎖のみである。そこで、白井はこれらを抗原ごとに前腕に塗布して試験を行ったところ、これらの物質は、誘引性に影響しないと考えられた。

白井は、博士論文で「血液型と性格の因果関係については議論されているが、多くのデータをもとに分析すると、確かに何らかの傾向がみられるようであり、O型が刺されやすいとするなどの血液型の蚊誘引性の違いも、性格や体質など他の要因の違いから生じ、血液型と混同して刺されやすさが議論されているにすぎず、蚊が血液型物質の違いを感覚器で感じとって、吸血選択しているのではないと考えられる。血液型物質は不揮発性物質の糖鎖であることからも、皮膚に降着する前に感知はできないと思われる。」と考察している。


Gupta and Chowdhuri(1980)(インドの研究者)は、マラリアにかかった患者の血液型を調査し、その患者のいる病院の周辺健常住民の血液型の割合と比較したところ、患者の血液型は周辺の健常住民に比べ、A型が有意に多く、O型が有意に少なかった。この調査は、マラリアを媒介するのがハマダラカであることから、蚊はハマダラカ属の蚊であることまでしか分からず、蚊を直接調査した結果ではない。しかしこの報告は間接的に、ハマダラカがA型を好んで吸血したともとれる結果である。論文ではWood et al.(1972)の結果があることを引用した上で、はっきりしたことは不明だと述べるにとどまっている。

白井らは蚊と血液型の嗜好性に関して、2004年、 Journal of Medical Entomology (Entomological Society of America)に次の論文を掲載しました。
Landing Preference of Aedes albopictus (Diptera: Culicidae) on Human Skin Among ABO Blood Groups, Secretors or Nonsecretors,
and ABH Antigens (Yoshikazu Shirai, Hisashi Funada, HIsao Takizawa, Taisuke Seki, Masaaki Morohashi and Kiyoshi Kamimura)

PubMedのAbstractに、概要が記載されています。 www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15311477?dopt=Abstract 


2001年、某番組が、血液型と蚊の嗜好性について、「O型の糖鎖は、花の蜜の糖分と良く似た分子構造をしており、花の蜜と同じく甘いと感じるのでO型を好む」「この糖鎖は皮膚の常在菌により分解されて、飛び、蚊に達する」などのストーリーで番組を構成したようですが、このような流れに至った根拠を示して欲しいところです。

まず、吸血行動と、単にエネルギー源として、水や花の蜜を摂取する行動とは異なり、この2つは全く別物です。また、吸血選択は、吸血前に行うものであり、実際に吸血している血液によって、吸血選択するわけではありません。糖鎖は不揮発性で、超低濃度でしか、皮膚上にはなく、糖鎖が飛んで、飛行中の蚊が感じることもあり得ないことと考えます。

また、血液型による刺されやすさの実験をして、必ずダントツにO型が刺されやすくなることはありません。テレビ番組はあらかじめ、コンセプト、ストーリー、結論まで決めてから制作していることが多いのを実感しました。取材を受けても、研究者の意図が十分に反映されずに制作されることが多いことを知っていただきたく思います。制作会社が強引に結果に結びつけることも多いと考えます。「O型の血は花の蜜に近い」という調べ方で来る制作会社があって困るところです。






a0028694_691375.jpg

爪で「×」?塩でもむ?
蚊に刺されたときの対処法 

2011.7.11
excite

「蚊に刺されてどうにもかゆい!」――夏のお悩みの1つですね。かゆみ止め薬があればいいのですが、切らしているときや、かゆみ止めを使いたくないとき、どう対処すればよいのでしょうか。かゆみ止めに頼らない対処法をユーザーから募集したところ、定番から意外なものまで、さまざまなご方法が寄せられました。

a0028694_9205259.gif
道具を使わない方法


■爪で跡をつける
刺された部分に爪で跡をつけるという対策は定番。十字や×印、「井」の形に跡をつけると、痛みが勝ってかゆみを忘れられます。

■指圧する、つねる
蚊に刺された部分を指圧したりつねったりすると、かゆみをごまかせます。

■触らない
どんなにかゆくても30分ほど触らずに我慢すれば、かゆみがかなりやわらぎます。


a0028694_9205259.gif道具を使う方法

■冷やす、水で洗う
氷や保冷剤、ジュースの缶、湿布など冷たいもので刺された場所を冷やしたり、水道水で洗って冷やします。冷やすことでかゆみが麻痺します。

■絆創膏やテープを貼る
空気に触れるとかゆみを感じるので、絆創膏、セロハンテープ、ガムテープの端っこなど、テープやシールを刺されたところに貼って空気に触れないようにします。30分くらい放置しておけばかゆみが収まるので、テープを取ってしまいましょう。テープをそのままにしておくとかぶれることがあります。

■石けんで洗う
刺されたところに石けんを塗り込むようにしてごしごし洗うと、びっくりするくらいかゆみが治まります。

■塩でもむ
刺された箇所に塩を軽くもみ込みます。5回も指でこすれば大丈夫です。もんだ後の塩は軽く払うだけで落ちます。大抵の場合、かゆみもぶり返しません。料理中など、蚊に刺されてかゆいんだけど、薬で手を汚したくないというときに便利な方法です

■酢をつける
刺された箇所にお酢をつけます。

■温める
温めるとかゆみが取れるという声も。お湯で温めたり、熱いタオルで叩いたり、熱いタオルを1分ほど押し当てるとかゆみが引きます。

■タバコの火を近づける
タバコの火を近づけ、ちょっと熱いかなぁ、というくらいで10~20秒くらい温めます。かゆみの刺激から熱へ気をそらします。しばらく、かゆみをおさえていてくれるので、その間に治まります。火は近づけすぎないように。やけどに気をつけましょう。以下の対処法はnanapiユーザーが実際にやっている方法ですが、医学的に検証したものではありません。実践は自己責任でお願いします。























b0013789_6261018.gif

053.gif本館の最新記事は 053.gif
↓↓↓
こちらをクリック!!
059.gifトリビア2館の最新記事は 059.gif
↓↓↓
こちらをクリック!!

[PR]
by amor1028 | 2011-08-08 10:11 | 害虫