☆★【【写真+((驚))動画あり】】:「蚊に刺されない方法を13通りを試すと」 「刺されやすい血液型」「かゆみ止める方法は?」蚊に関するオモシロ動画など・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!


by amor1028

カテゴリ:ホームレス・路上生活者( 2 )

【【写真・動画あり】】:「ホームレス生活を脱出~2年後、200万の貯金(1)」、軽い気持ちでホームレスになろうとしている方、ホームレスの現実を知りたい方・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:ホームレス, 路上生活者, 車上生活者, ネットカフェ 難民, マック 難民, 野宿生活


c0075492_235869.gif




a0028694_9453392.jpg

私は元ホームレスを
しておりました。ホームレスの
現実を知りたい方は読んで下さい!!
<<1>>

2011.7.24
matacoco

軽い気持ちでホームレスしてみようか、生きていくことは可能だろうし等と考えている方はこれを読んでください。

弁当の漬物一枚、これが人生でここまでおいしくってありがたいものだと思うのはおそらくホームレスをしていた頃だけでしょうね。嫌でもゴミ箱を漁って食べ残しを食します。飲みかけの缶ジュースも飲みます。生きるためです。

ホームレスをしていて腹が立ったことは何よりも、クソガキが面白半分にからかってくることです。そのクソガキ連中(16くらいの女です)はろくな人間ではないのは言うまでもありません。

やつらの会話で聞こえたのですが少年院に入ったことを自慢げに話していたりするような馬鹿ですから、こいつらが私にゴミを投げてきて笑い物にしていました。

そのほかにチャラチャラした大学生が私の所持品を盗んで行きましたホームレスからかばんを盗むくらいですから、金など入っていないのは私を見ると一目瞭然ですが 、私にとっては大切なものであることに変わりありません。面白半分に盗みをして平気でいるような人間は絶対に許されないと思います。

ホームレス生活は気候から逃れようがありません。冬寒くても公園で段ボールを毛布の代わりにして寝ていました。もちろん寒くて寝れたものではありません。精神状態もボロボロです。死にたい、そればかり考えていました。

寒さから逃れるために商店街のアーケードを歩きまわって時間をつぶす等しました。他のホームレスたちも商店街で段ボールにくるまって寝ているのをよく見かけました。

公園でブルーシートの家をこしらえているホームレスを誰しもみかけてことが有ると思いますが私にはそうした家もありませんでした。ホームレスのそうした家も撤去が進んでおりいつのまにか無くなっていたというのもよくありました。

最低限清潔さを保つこともとても苦労しました 。真冬に公園の水道で頭を洗ったりする、これだけでどれほど悲惨な生活かわかると思います。

洗濯もしなければなりません 。靴下や下着は公園の水道で洗うこともできますがやはり人目について汚いものを見る目で見られて惨めでした。

寝る場所は本当に苦労しました。冬の辛さは今でも忘れられません。寝る場所がないのですから。春になると昼間にでも地面に寝転がって寝ることはできますが、冬は外にいる限り寒くって常に震えていなくてはなりません。

図書館等に避難することはできますが寝ることはほぼできません。私のほかに図書館に避難しに来ているホームレスも少なくありません。しかし寝ていると職員から注意されますしやはり他の客からは汚いものを見る目で見られます。

何度も言いますが冬に暖かくして眠れる場所がないのです。蒲団にくるまって横になる というのはこれほど大変なことなのかと思いました。

冬でも一週間風呂に入らないと髪の毛が油でべっちゃりになってすごく痒かった。鏡を見ても髪の毛がずやずやになっていて不潔丸出しだった。銭湯を利用していたけどもちろん毎日入るなんてできないから一週間に一度入ることができればいいほうでした。特にきついのが頭を洗うことと足を洗うことでした。

ホームレスは同じ靴を履きっぱなしですので靴も足も臭くなります。靴を脱いで寝るのはほぼ無理です。公園で寝ているホームレスが持ち物を盗まれたりするのは日常茶飯事ですので持ち物は体から離さないようにして寝ないとならないので仕方ありません。

公園の水道でよく足を洗っていましたが真冬になるときつくてたまりません。あと髪を洗ってもドライヤーなどありませんので髪を洗うという行為も寒くて寒くて辛いものでした。

ホームレスでも最低限人目はきになりますので真昼間の公園の水道でザバザバ洗うなどなかなかできません。夜にこっそり洗うか障害者用の個室で洗うということもしていました。この障害者用の個室はホームレスがよくそうした目的で使用していました。

ホームレスによくある傾向ですが精神を病むみたいです。私が特に多く見てきたのですが突然誰もいないのに怒鳴りだしたり見えない誰かに向ってずっと話をしていたり異常な行為が多かったです。殴られたり文句をつけられたりしたわけではないですが一人ずっとブツブツと喋っているおじさんが多かったです。

私の周りにいたホームレスの収入源は99%が空き缶集めでした。彼らは自転車であらゆる場所のゴミ箱を漁って空き缶を拾い集めていました。早朝の4時にきっかりと集めに来るホームレスもいました。

ある程度規模のある駅のゴミ箱や商店街の自販機に設置してあるゴミ箱はすぐに空き缶がたまるのでそうした場所に常にホームレスが定住していました。ホームレス同士のケンカは見たことがありません。

ホームレス生活をしていて空腹にも困りました。ゴミ箱にある食べられるものはなんでも食べました。おやつの食べ残しが捨ててあったりカップめんの食べ残し等食べられるものは何でも食べました。

公園でジュースを飲んでいる男を発見すると飲み終えてゴミ箱に捨てるのを見届けて男が去ってすぐに残った数滴を飲んだり情けない生活でした。

そうはいっても最低限の人目は気にしてしまいます。近くに一般の人がいると「早くあっちへ行け!!」とばかり念じていました。数滴のコーラを飲むために。

前にも書きましたが漬物一枚があんなにおいしいものだと感じたのは生まれて初めてでした。ゴミ箱に捨ててある砂利だらけになった誰が食べたかわからない食べ残しのおかずを砂利をふるいながら食べる。それでもおいしいと感じました。

貧血が進んでいたみたいでよく立ちくらみを起こしていました。おなかいっぱい食事をしていた頃を思い出してはあの頃に戻りたいとよく思いました。

コンビニの賞味期限切れの弁当も狙いましたがどこのコンビニもゴミ箱には鍵が付けられており開けられないようにしてありました。とある飲食店の出したゴミ袋をあさっておかずらしきものを食べているホームレスを見た時には気の毒で見ているこっちまで惨めになってきました。しかし自分もなんら彼と変わらないことに気づき情けなくてたまらなくなったこともあります。

ビニールシートでこしらえた家等を持っているホームレス以外は全ての荷物を持ち歩くことになります。商店街の中を高齢のホームレスが両手に大きな紙袋を持ってよろよろと歩いている光景など見たことがあるのではないでしょうか。じっとしていればまだエネルギーを消費せずに済むのですがどうしても移動してしまうんです。

じっとしていると精神がおかしくなりそうというか行くところもないのですがじっとしていることもできないんです。自分もそうでした。公園のベンチにじっと座っているというのが苦痛でした。公園から公園まで移動してみたり商店街の露店の弁当を眺めていたり、そうした時間が一日の大半でした。

生活に最低限必要な荷物を持ち歩くといっても膨大な量です。タオルに下着や靴下等は一着のみでは生活していけれないので必然的に荷物も増えます。夏になると冬に来ていた上着等も脱ぎますのでまさに膨大な量です。

捨てるわけにはいかないので持ち歩かざるを得ません。外で寝る時も盗まれないように座ったまま荷物を抱きしめるようにして寝たり、横になって寝る時も体から離れないようにして寝る必要があります。これはとても大変なことでした。

ホームレス生活の中でぐっすりと寝たという思いは一度もありません。さらに公園のベンチもホームレスが寝て占拠できないように仕切りがしてあるところが多かったです。夜の商店街に新聞を敷いて寝る。ベンチで座ったまま寝るが基本的な姿勢でした。

冬は商店街の床も冷たくて夜を明かすことに苦労しました。あるきまわって寒さを紛らわせたりするのが精いっぱいでした。ベンチで荷物を抱きしめるように抱えて寝るというのは体勢がとても辛く腰と首と背中を痛めました。今は治りましたが猫背にならないと歩けないようになってしまいました。

さらに横になることが極めて少なかったので足に血がたまったのでしょうか、足がむくんでしまって常にパンパンに腫れあがり爪の色も紫色になっていました。

たまに横になって寝ることもありましたが座って寝ることに慣れてしまったせいなのか平衡感覚がおかしくなったように立ちくらみならぬ寝くらみがして吐きそうな感覚にもよく襲われていました。

寒さを凌ぐことにも大変な苦労をしました。日中は図書館等が開いていればそこへ避難をしますが24時間開いているわけではありません。ホームレスは24時間寒さから身を守らないとなりませんので残りの十数時間以上は寒さから逃れようがありません。

食事もまともにできませんので私はよく風邪をひいていました。明らかに高熱があると体で感じていた時も真冬の公園で新聞紙をかけて寝ていました。死んだらどれだけ楽になれることか、そればかり考えていました。

ホームレスになる前私は自殺未遂をしました。首つりをしました。ロープを木にくくりつけ座ったような状態で死のうとしました。意識はなくなりましたがおそらく時間にして数秒でしょう。すぐさま意識が戻りましたが壊れた機械のような呼吸の音が自分でも聞こえそれと同時に今まで経験したことのない苦しさに襲われました。

これもおそらく5秒ほどだったと思います。今思い出しても身震いがするような苦しさでした。結局この苦しさに負けホームレスをしながらでも生きていくことを選びました。このときのロープが食い込んだあざは半年消えませんでした。
(2へ続く)



056.gif続編056.gif
ホームレス生活を脱出~2年後、200万の貯金 (2) 




b0013789_6261018.gif

053.gif本館の最新記事は 053.gif
↓↓↓
こちらをクリック!!
059.gifトリビア2館の最新記事は 059.gif
↓↓↓
こちらをクリック!!

[PR]
by amor1028 | 2011-07-29 09:17 | ホームレス・路上生活者
【【写真・動画あり】】:「ホームレス生活を脱出~2年後、200万の貯金 (2)」ホームレスの実情を知りたい方・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:ネットカフェ難民 , 路上生活者, 車上生活者, マック 難民, 野宿生活


c0075492_235869.gif




a0028694_9453392.jpg

私は元ホームレスを
しておりました。ホームレスの
現実を知りたい方は読んで下さい!!
<<2>>

2011.7.24
matacoco

ホームレスでいたときは感情が狂っていました。普通に生活をしている一般人が憎くて仕方ありませんでした。当たり前のように食事もして寝る場所もあり遊びにお金を使うごく普通の生活をしている一般人がとても憎く感じました。俺の辛さなんてわからないんだろう。ゴミを見るように俺のことを見ているんだろう。という感情が常にありました。

首つりで苦しい思いをした私は別の方法で死ぬということばかり考えていました。首つりを失敗したときは自殺はもう辞めようと強く思ったのですがあまりにも生活に惨めでつらく死んだほうが絶対にマシだとばかり思っていました。

自殺をするために高さのあるマンションを探してセキュリティで入れないようにしてあるかとか、落下している最中に電線に触れないかなど念入りに調べていました。列車に飛び込もうとも考えて踏切を求めてさ迷ったこともあります。いずれにしろ絶望と虚しさで精神が崩壊する寸前まで追い詰められていました。

あと努力してこなかったからホームレスになったっていう考えは単純すぎる。自分の思う世界や知っている世界が世の中のすべてだと思うのは間違い、ろくに勉強してこなかったからだとか、正社員にならずにフリーターに逃げたからホームレスに成り下がってしまったという人もそりゃいるだろうけど、みんながみんなそうではない。

それに自己責任って言葉で他人に無慈悲に接するのは人間として悲しすぎると思う。前に俺に自己責任だとか言ってる人がいるけどそういう考えは正しいとは思えない。あなたが車を運転していて重傷を負って「お前の不注意だろ 自己責任だ」 そういって誰も救急車を呼ばない。通行人も誰も助けようとしてくれない。こんな世の中が望ましいの?

ホームレスだって助け合って生きていたよ。炊き出しがあるときはほかのホームレスに声をかけて炊き出しがあることを知らせていたり場所を教えたり、こんな俺に食べ物をわけてくれたホームレスもいた。もちろんそのホームレスもロクに食べ物がないのにだよ。人間ってみんなで支えあって生きているんだよ。

ホームレスになるとほんと行くところがないんです。雨風凌ぐ場所がありません。小さな地下道に新聞を敷いて寝たり商店街の隅に段ボールをしいてうずくまったり冬の寒さと空腹が一番つらかったです。年末の雨の日に公園の遊具の中で寝たこともありました。

温かい布団で寝るということがどれほどありがたいことか知りました。何度かあまりの寒さに耐えきれずマクドナルドで100円で一晩ねばったこともありました。寝ていると起こされて出ていくように言われました。

マクドナルドも外よりはマシですが夜になると店内は換気?のためかわかりませんが冷たい風が天井から出ておりました。一般の客も寒いと言っていたほどです。それでも外で寝るわけにもいきませんのでマクドナルドでじっと座って朝が来るまで待ちました。言いようのない虚しさでした。

このとき深夜のマクドナルドの柄の悪さを知りました。若者グループが店内でとある客に因縁をつけて暴力をふるって逃げたり、禁煙席で15歳ほどの金髪の女たちがたばこを吸っていたりひどいものでした。

店員もあまりかかわりたくないのかそういった騒いだり明らかに迷惑な客には控え目な対応でした。私と同じく店内で夜を明かすため?に来たであろう客には積極的に寝ないようにという声をかけていました

ホームレス生活をしていると自分の身を守ることがどれほど大変なものか知りました。一番やっかいな存在が10代の若者たちです。私もこいつらにはかばんを盗まれたりゴミを投げられたり散々な目にあわされました。まさに弱い者いじめです。私の困惑する姿を見て楽しそうにしておりました。

ホームレスになると他人の生活にこれほどまで干渉してくるやつらに対応しないといけないということも覚えておいてください。この生活を送っていると生きるために炊き出しに並びます。炊き出しはカップめん、おにぎり等から年末年始の特別な炊き出しとしてカレーや豚汁などがありました。

冬に炊き出しの豚汁をすすったときのおいしさは今でも忘れません。おそらく生きてきた中で一番おいしいと感じた食事だったかもしれません。

ホームレス生活をしていると温かいものはまず炊き出し以外では口にすることはありません。真冬でも公園などの水道の水を飲みますしお茶を飲むこともありません。ですから炊き出しというのは御馳走以外のなんでもありません。

ホームレスからの脱出の経緯は仕事の斡旋です。これは市などの職員がホームレスの多いところをまわって声をかけて仕事を斡旋しているんです。たとえばブルーシートが連なっている個所などを職員が声をかけて回って月に2,3人? くらいはホームレスから脱出できているみたいです。

それ以外にも仕事の誘いはあります。柄の悪そうなヤクザ関係?の男が解体の仕事をしてみないかとか声をかけてきます。一目見ただけで一般人ではないと見分けがつきます。断るとしつこく勧誘してくるということもありませんでした。


a0028694_9205259.gifホームレスの人は働きたいと思ってる人多いの?

それはわからない。直接何人にも聞いたってわけじゃないけど、60以上の人もいるけど「この年じゃあどこも雇ってくれんわ」 って言ってたのは聞いたな。あと自分の生活をきっちりと守っている人は毎日欠かさず空き缶集めに行くよ。

ブルーシートで暮らしてたとあるおじさんは膨大な量のあき缶を集めてた。んでそのブルーシートに猫が住み着いてて猫に餌を与えてたよ。体が丈夫な人は空き缶集めでホームレスの中でも上の暮らしぶりだったな。真冬でも早朝から集めに行く人もいるから根性ある人はすごいよ。

ホームレスにとって盗難はほんと迷惑だったし多いんです。かばんをとられたりくつを取られたりほんと多い。寝ている間に取られるのが一番多いんです。なので荷物をわきに置いてベンチに寝転がるなんてできたもんじゃない。ホームレスになっていっそう社会の汚さを知るようになります。

24時間外にいるわけだからそれだけ他人を観察する時間があるということ、公園の噴水の周りに植えてある花をスコップでざっくりと持って帰ってた。おばさんとかいい年こいた大人が小学生でもやらないような汚いことをやってたのをよく見たよ。


a0028694_9205259.gif市の職員とかは60以上の人に仕事の斡旋はしないの?

居場所のないホームレスは居場所を探すのにほんと苦労するんです。雨の日は外には出れません。そうなると必然的に商店街の中にでもいるしかないんです。

商店街にベンチがあるとかならいいのですがなかなかそうもいきません。公園のベンチもホームレス対策?のためか屋根のないものがほとんどでした。居場所がないというのは言いようがないほどに惨めなんです。

雨の日に公園のトイレの中でじっとして何時間も時間を潰したこともあります。雨が激しかったので誰も来なかったからよかったのですが精神的にも限界でした。寒さ空腹・疲労あらゆる面で限界でした。

どこへ行くにも重い荷物を持たなくてはなりませんし横になって寝ることがないので足がすごくむくんでパンパンになって激痛でした。自殺したいという思いばかりがありました。

一日のうちで一番苦痛なのが夜です。それも冬の夜が生き地獄でした。公園の水道の冷たい水を飲み歩きまわって寒さを紛らわせたり商店街で段ボールを敷いて座り込んだりもしましたが商店街は夜中でも犬を散歩させる人がポツポツいます。あろうことか商店街のシャッターや柱に犬に小便をさせて平気な人ばかりでした。

なので商店街に居座るのは特に不衛生で嫌でした。冬という季節がこれほどまでに厳しいものだとは知りませんでした。真冬の公園で段ボールを敷いて荷物を抱えて横になって体を休めたりもしましたが体が痙攣するほど震えていました。食べ物もほとんど食べていないので体中がガサガサになり、真っ白になって自分の体ながら気持ち悪いことになっていました。

4月になるとほんの少しですが生きやすくなりました。日中は晴れていると外で昼寝をすることができるようになりました。昼寝と言っても荷物を脇に置いてごろ寝するのは防犯上危険すぎますし、人っけのないところだと尚更ホームレスいじめを遊びのネタと思っているような若者たちに襲撃される心配もあるのである程度人が多い公園などで座ったまま荷物を抱えて寝るというくらいです。

花見の季節になると桜のある公園では花見をする人が出てきて弁当ガラがゴミ箱に捨てられるのでゴミ箱を漁って飢えを凌ぐこともできました。しかし4月でも夜になると外で寝るにはかなり寒くやはり歩きまわって寒さを凌いだり、何もせずに商店街の中の冷たい地面に座って時間がたつのをただ待つという気が狂うような苦痛な時間は続きました。おまけに暖かくなってくると冬に着ていた服を脱ぐので荷物が増えて大変です。

ホームレスをしていて女性のホームレスはほぼ見かけませんでした。正確に言うと1,2人ほどはみかけましたがホームレス歴の長そうな人で明らかにどこかで拾ったと思われる若い女性向けの服を着ていました。ちなみにその人は60は行っていたと思われます。顔が垢で真っ黒になっておりかなり遠くからでも異臭がしました。自分も同じ立場であるにしても同じ日本に住んでいる人間とは思えませんでした。


a0028694_9205259.gifホームレスになったのは自分が原因じゃないの?

私がホームレスになった原因はある卑怯な男によるものです。今でもそして一生その男は許せませんし恨み続けます。心の底から憎んでいます。ホームレスは独り者もいれば集団で生活している人もいます。私がいたところもホームレスは多かったと思いますがいろんな人がいました。もちろんホームレスにも人間の屑みたいなのもいますし逆に一般の人よりもはるかに温かみのある人もいます。

一般人にいちゃもんつけて金を巻き上げるやつらもいました。彼らはおそらく元チンピラだったと思いますが(小指がなかったり)ほんといろんな人がいます。ちなみに私は基本は単独でした。顔なじみの人とは会うと話をしたりそんな感じですね。


a0028694_9205259.gifホムレスの人は銭湯で入湯お断りとか言われたりしませんか? ホムレスの人たちがお風呂に入ると、黒人から白人に変貌するような気がしてならないので、一度連れていってあげたいんだが…

協調性云々もあるかもしれませんが一人のほうが気兼ねしなくていいのはありました。お互いに気をつかったりしなくていいのですが一人はやはりさびしいと思う時もありました。ホームレスの入浴を断る銭湯はあるかどうかはわかりませんが銭湯無しで生活は無理ですね。ある程度は銭湯に行かないと激臭がします。

ホームレスでも下層(とでも言ったらいいのでしょうか)のぼろっぼろの服に髪の毛もひげも伸び放題の人等は風呂に入っていないと思いますが、おそらく8~9割の人は定期的に銭湯に行っていると思います。

これはわたしが実際に下層のホームレスをそこまで見かけなかったことによる推測です。逆に言うとごく稀に地獄のような臭いをまき散らしているホームレスを見かけていたということです。いくら路上生活をしていても最低限の衛生には気を使うということです。

なんらかの収入がないとこの生活を続けていくのは不可能です。収入のない人は下層のホームレスになります。ここまでくると人目などをあまり気にしているようでは生きていけません。その日一日の収入の重みが派遣社員や日雇いよりもずっとシビアです。

ホームレスをしていた頃のことは悪い夢であってほしいと思います。今でも街でホームレスをみかけるととても複雑な気持ちになります。もう一度あの生活に戻れと言われたら泣きますね。ただ朝になるのをまつだけのあの冬の日々、思い出しただけでもぞっとします。

最近暖かくなって春の訪れを感じますね。花見客の悔い残しの弁当をゴミ箱から漁って食べていた泣きたくなるような日を思い出します。過去のことですがほんと悪い夢であってほしいです。

ホームレスになって食べるものや布団で寝れることのありがたさがわかった。さらに人間の汚さを嫌というほど見てきた。自分の家がないものだから常に外にいるだからこそ常に他人を観察する機会も増える。いい年した大人が小学生以下の中身だったりする。

自業自得でホームレスになった人もそりゃいるだろうよ。ギャンブル狂いで借金が増えホームレスになったとかそういうやつはどうしようもない。けど世の中の汚い人間に陥れられてホームレスになった人もいる。死ぬまであの生活をするんだろうなと思うと気の毒で仕方ない。

炊き出しに参加するボランティアの人なんて偉いと思うとってもありがたい。人間の温かみのある人や他人の痛さを分かる人、そういう人には幸せになってもらいたい。逆に俺を陥れた憎んでも憎みきれないあいつをはじめとした汚い人間は俺が味わってきた何百倍もの地獄の苦しみを味わえばいい。他人の痛みが分かるまで

ホームレスになってからしばらくたって、どうしようもなくなって昔の友人のもとを訪ねました。金を借りるためです。友人は新宿区内の立派なマンションに住んでいました。彼は成功を収めた人生の勝ち組であり、私は究極の負け組乞食ホームレスであることを痛感させられました。

なかなか顔を合わせる勇気が出ずに、何日間も相手のマンション近くの公園で野宿していました。その間幾度となく近隣住民から不審者として通報されたり警官からの職質をうけました。

とうとう思いきって友人に会いにいくと、彼からは何とも言えない表情をされましたが同情して5万円ほどを貸してもらうことができました。それで約1か月、野宿生活を生き延びることができました。

そして冬から春へと季節はかわり、ホームレスにとってすごしやすくなった頃、転機が起きた。私の財布には友人から借りた金がまだ千円のこっていたんだ。

私は、なけなしの千円を握り締め、鉄くず屋さんに行った。そして古いリヤカーを見つけ五百円で買ったんだ。翌日からリヤカーを引いて、鉄くず、ダンボールなど金になる物を拾ったり、貰ったりして少しづつお金を貯めた。そうして一年が過ぎたころ、30万円ほどお金が貯まり、中古屋さんで軽トラックを買ったんだ。

今度は本格的に、鉄くず、ダンボール、本、なだを回収したんだ。それから二年ほどたつと、二百万ぐらい貯金ができたんだ。また中古屋さんに行ってクレーン付きの2tトラックを購入した。今度は力は要らない、クレーンが重い鉄をつり上げ乗っけてくれるから仕事はだいぶ楽になり、普通の生活ができるぐらい稼げるようになったんだ。(終わり)



056.gif前編056.gif
ホームレス生活を脱出~2年後、200万の貯金(1) 

























b0013789_6261018.gif

053.gif本館の最新記事は 053.gif
↓↓↓
こちらをクリック!!
059.gifトリビア2館の最新記事は 059.gif
↓↓↓
こちらをクリック!!

[PR]
by amor1028 | 2011-07-29 08:54 | ホームレス・路上生活者